PowerShot G7 X Mark Ⅱ

第七世代のMark Ⅱ

ついにキヤノンの映像エンジンは第七世代へ。新開発のDIGIC 7を搭載した初のデジタルカメラ、
PowerShot G7 X Mark Ⅱが登場です。新たな頭脳がもたらす利点は、単に撮影間隔の短縮だけで
なく、高感度耐性の向上はもちろんのこと、回折現象の低減処理までこなす、切れ味鋭い進化です。

グリップの存在

PowerShot Sシリーズから受け継がれてきた、スマートなフラットボディのデザイン形状でしたが、
新型のMark Ⅱではついにグリップが出現。本体背面には親指を両サイドからはさみ込む形状の
サムグリップ。本体前面には存在感のあるグリップを構成。単なる指がかりではなく、しっかりと
握り込める形状で、カメラのホールド性をしっかりと主張しています。

デザイン

撮像センサーやズームレンズといった、基本的な性能は現行機種を継承していますが、大きく変えて
きたのは外観デザイン。ある意味中庸なノーマルデザインだった現行のG7 Xに対して、Mark Ⅱの
デザインは男性的。エッジを効かせたディティールと構成的な面の作りは、クールで道具的。数ある
Mark Ⅱシリーズの中でも、ここまで印象の異なる二代目はあまり見たことがありません。
------------------------------------------
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る