オートハーフ

四角いカタチ

RICOH AUTO HALFの魅力は?と問われれば、その「四角いカタチ」が好きだから!と言いたい。
グリップも、鏡筒も、軍艦部も無い四角いブロックのようなそっけない形。でも手の中にがっちり
収まるコンパクトな躯体は、ヘビー級で機能満載の一眼レフとは一線を隔すカジュアルなデザイン。

基本はオート

必要な機能を絞り込んで、できる限り操作をシンプルに、という思想で設計されたオートハーフは、
使い方もカジュアル。「オートハーフ」の名前の通り、操作の基本はオート。天面の円形ダイヤル
を赤色の“A”にセットして、あとはシャッターを押すだけ!明るい屋外なら問題なく綺麗に写せます。

WINDノブ

オートハーフには、フィルムカメラにあるべきはずのフィルム巻き上げレバーが見当たりません。
そうです、 キヤノン ダイヤル35と同様、ゼンマイ式の自動巻き上げ機構が搭載されているのです。
フィルムをセットし終えたら、本体底面部にあるWINDノブを回しておき、後はパシャパシャと
シャッターを切るだけ。ゼンマイの巻き上げ分だけ自動的にフィルムを巻き上げてくれる、オート
ワインダーのカメラへと早変わり。とにかく、「撮る」ことだけに集中できる、シンプル操作で簡単
便利。でも意外にストイックなスナップシューター。それが、オートハーフの魅力なのです。
--------------------------------------------
>>>RICOH AUTO HALFの魅力 ② -バリエーション-
<<< Canon DIAL 35の魅力 ⑥ -諧調-
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る