深川不動堂

RICOH AUTO HALFの写りは?

タイトル写真は、東京 門前仲町の深川不動堂への参道、ご利益通りで撮ったもの。小磯象牙店の
いろはののれん越しに、通りの脇に立つ托鉢僧を撮影。正月の三が日過ぎに撮影したものなので、
托鉢僧の足元を見るとスニーカー。…でも本来なら足袋に草履履き。もしや本物ではないのかも…

質感表現

オートハーフが写したその質感表現。例えば、藍色に染められたのれん織りの、光の透け具合や、
托鉢僧の袈裟の布の質感など。ハーフサイズカメラという、画質には不利な条件でありながらも、
ここまで布の風合いを写し撮れるとは、正直驚きです。いい仕事しているなという感じ。

リコー25mmF2.8レンズ

オートハーフが搭載しているのは、3群4枚、理研光学(現 リコーイメージング株式会社)設計、
富岡光学(京セラオプテック株式会社)製造の、リコー25mmF2.8レンズ。レンズ径は小さく
見た目も非常にコンパクトなのに、F2.8という明るさを誇るレンズ。この通り、よく写ります!
------------------------------------------
RICOH AUTO HALF レンズ リコー25mmF2.8
------------------------------------------
>>> RICOH AUTO HALFの魅力 ④ -色調-
<<< RICOH AUTO HALFの魅力 ② -バリエーション-
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る