奈良公園_木と苔

閑静な場所。

奈良公園、一ノ鳥居から南へ少し。向かって右手に荒池、左手には荒池公園が広がっています。
荒池園地へと足を向けてしばらく歩いていくと、多くの人で賑わう奈良公園内とは思えないほど、
閑静な時間と場所がここにあることに気付きます。

鹿達のくつろぎ

浮見堂のある鷺池までの道程の間に、朽ち果てた土塀の跡が残されています。今も一部立ったままの
土塀は、夏の間、鹿達がその陰で日を除けながらくつろぐ恰好の場所になっています。その寂れた
土塀の雰囲気もさることながら、塀の前にある楠(くすのき)の根っこがいい味を出しているのです。

根と苔。

地面の上を縦横無尽に這う根の形も見ごたえがありますが、その根を覆い尽くす苔との共存関係が
なんとも言えぬ時の深さを感じさせ、この地の歴史の深さを思わせるのです。この苔の深いグリーン
をより際立たせるには…、とセレクトしたアートフィルターが、Camera+のローファイ。
うん、コクと深みが沁みてきました。
---------------------------------------------
>>> iPhone 6 / iPhone 6 Plusのレビューはこちら!
--------------------------------------------
Camera+_Camera+_
撮影:Camera+/iPhone 6 Plus f/2.2 1/238秒 ISO32 29mm
フィルター:Camera+/ローファイ
---------------------------------------------
>>> ☆スマ・フォト☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る