詩仙堂の手水鉢

凹凸窠(おうとつか)

京都 洛北の閑静な場所に建つ寺院 詩仙堂は、別名”凹凸窠(おうとつか)”と呼ばれる山荘跡。
その名の通り、山の斜面の段差地形を前庭に積極的に取り入れ、高低差による景色の変化を楽しむ
味わい深い住居跡です。

紅葉の季節

秋が深まる紅葉の季節。この場所を訪れたのは先週のこと。この時詩仙堂に到着したのは昼過ぎ
だったため、すでに多くの人達が建築や部屋のしつらえ、庭の風景や木々の色付きなど、日本の秋
の素敵な風景を見に来ていました。

手水鉢

前庭に面した座敷から見える、詩仙堂の紅葉を楽しんだ後、色付く葉をもっと間近で見てみたいと
思い、庭に降りて歩き始めました。前庭へと足を踏み入れる直前、ふと振り返ると手水鉢が目に
入ってきました。流れる水の中には、今落ちたばかりの紅葉。水面に落ちる水の揺らぎに翻弄
されてゆらゆらと動く楓の葉は、まるで水中玩具のように色鮮やかでした。

>>> 古都、京都の雪月花。
-------------------------------------------
f2.8 1/30秒 ISO1000 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ:EF24-70mm F2.8L II USM 70㎜
-------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 苔玉

    2018-12-15

    Canon EOS R レビュー -トーン-

    一新 1987年にEOS一号機が誕生して以来、30年以上もの歴史を積み重ねてきたEOSシリーズ。そ…
  2. EOS R_12

    2018-12-9

    Canon EOS R レビュー -サイレント撮影-

    中西 敏貴 Canon EOS Rの発売前に行われた、EOS R SYSTEM PREMIUM S…
  3. 朝の奈良公園2

    2018-12-2

    Canon EOS R レビュー -オートフォーカス Vol.2-

    デュアルピクセルCMOS AF 撮像センサー自体がAFセンサーという特性を持つ、デュアルピクセルC…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る