正暦寺の紅葉

錦の里へ

菩提仙(ぼだいせん)川沿いの道を、山に向かって登っていくこと約4km。その先に正暦寺があり
ます。秋が深まると、この辺り一帯の楓 約三千本が一斉に色付きはじめ、川沿いの山中は色鮮やか
な景色に彩られます。その素晴らしい風景を指して言われているのが、”錦の里”。

朝の境内

この日、正暦寺を訪れたのは、朝の9時。早朝一番だったために、境内の美しい紅葉をしばらくの
間独り占め。本堂へのお参りを済ませて、改めて境内を見渡すと、お堂の横の土手の上に、小さな
石仏がひとつ。阿弥陀如来と菩薩様です。

石段と石仏

苔生した石段の上にかかる赤と黄色の楓が、あまりにも絵になっていたので、手を合わすのも忘れ、
写真を撮るのにすっかり夢中になってしまいました。色付いた楓の葉が落葉する頃には、石仏へと
向かうこの石段の上が赤く染まるのだろうかと思うと、早くも、再び訪れたくなってしまいました。

---------------------------------------------
f/5.6 1/50秒 ISO400 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 73㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る