シャッタースピードと被写体の関係 ④ ーボケと動きー

銀座ヴィトン前

躍動感

シャッタースピードをコントロールして写真に収めたい被写体は、何もスピード感のあるもの
ばかりとは限りません。身の回りの何気ない風景や、街中のスナップのシチュエーションの中にも
シャッタースピードを意識することで、写真の中に動きや躍動感が生まれる場合があります。

被写体は人物

その被写体とはズバリ”人物”。静止した風景の中で、人が過ぎ行く軌跡を描き出し、都会なら
ではの躍動する動きを、シャッタースピードコントロールで演出するのです。タイトル写真は
丸の内のブランドショップの前。躍動感をより強調する”人物の形”も重要な要素になります。

手振れに注意

人の動く軌跡を撮るわけですから、スローシャッターでの撮影が基本。手元に三脚があれば
露出時間が長くても心配ありませんが、街中で三脚というのもちょっと目立ちます。例えば
ベンチに座って膝の上で固定したり、電信柱に体を付けて姿勢を安定させたり、手振れ対策に
色々と工夫が必要です。タイトル写真のシャッタースピードは1/20秒。手持ちでなんとかクリア
できるギリギリの秒数でトライしました。
-------------------------------------------
f8 1/20秒 ISO200 露出補正+0.7
SONY NEX-5 レンズ:E18-55mm F3.5-5.6 OSS 21㎜
-------------------------------------------
<<< ボケの演出
>>> シャッタースピードと被写体の関係 ③ ーF1とピントー
-------------------------------------------
>>> Camtips 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 本法寺

    2017-4-28

    京都 本法寺の桜

    静かな穴場 桜の季節の京都といえば、とにかく人、人、人。美しい季節に京都を訪れた私自身も、その人混…
  2. 21century

    2017-4-26

    金沢21世紀美術館 スイミング・プール

    オープンマインド 2004年に開館して以来10数年経った今でも、日本で屈指の人気を誇っているアート…
  3. LUMIX_4

    2017-4-24

    Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー -操作性-

    即応性 絞り値、シャッタースピード、ISO感度、露出補正。出会った被写体を即座に、感じたまま写そう…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る