SONY α6000 レビュー -電子ビューファインダー-

α6000_6

”見る”機能の差。

一眼レフとミラーレス一眼との大きな違いとは?ペンタプリズムやミラーやダンパー機構が不要な
ミラーレスの方が、本体サイズや重さが圧倒的に小さいことは当然です。しかし、カメラの使用性
で最も重要な”見る”部分、つまりファインダーの構造が、使い勝手の大きな違いとなっています。

電子ビューファインダー(EVF)

ミラーレス一眼、α6000のファインダーは電子ビューファインダー(EVF)。有機ELを使った
映像表示式のファインダーです。撮影の設定に伴い変化する画像が、そのままリアルタイムで確認
できる一方、①電子表示式のために起こるファインダー像の表示タイミングの遅れや②表示解像度
の甘さによる視認性の悪さなど、光学式に追いつけないポイントを多々含んでいるのが現状です。

144万ドット

ミラーレス一眼の初期モデルから比べると、①「表示のタイムラグ」はほぼ気にならないレベル
まで改善されていますが、②の標示精度についてはまだ改善の余地があります。α6000のEVFの
解像度は約144万ドット。ファインダーを覗くと画像の粒子感の荒さが目につき、ピントの
山が瞬時に掴みきれないのです。拡大表示機能を使っていますが、ワンテンポが遅れるのが残念。

α6300/α6500

上位機種のα6300/α6500では、EVFの解像度が約236万ドットにアップしています。実際に見て
見るとその見え方の差は明らか。解像度がここまで上がれば、EVFでも表示精度はより自然に。
もちろん、上位機種との本体価格差を考えれば仕方ないのですが、この点だけはなんとも惜しい!
<<< 前回 SONY α6000 レビュー -高感度性能 Vol.3-
---------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. MDR-1AM2

    2018-2-22

    SONY MDR-1AM2 Vol.2

    真打ち登場! 今年の年始に行われたCES 2018にて製品発表があって以来、日本での発売のリリース…
  2. 吉城園の椿

    2018-2-19

    吉城園の椿

    雪の庭 先週末、前夜に積もった雪が残る奈良の町へ向かい、飛火野、二月堂、と歩き、東大寺大仏殿の北側…
  3. FUJIFILM X-H1

    2018-2-17

    FUJIFILM X-H1

    Xシリーズ 富士フィルムのプレミアムライン、Xシリーズから新たな製品が登場。ついにシリーズで初とな…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る