SONY α6000 レビュー -軽量・コンパクト-

α6000_2

軽量・コンパクト

一眼レフに匹敵する高機能を、ギュギュッとコンパクトなボディに詰め込んだSONY α6000。
ミラーレスだからこそ可能になった圧倒的軽量・コンパクトな本体サイズによる取り回しの良さは、
一回り大きな一眼レフに対し、物理的に真似のできない最大の特徴であり、大きなアドバンテージ。

APS-C

躯体が小さいからといって妥協しなかった最大のポイントはセンサーサイズ。一般的な一眼レフと
同じAPS-Cを採用しつつ、そのセンサー自身をSONY自ら製造しているのだから商品力が高いはず。
なんといっても、その時点で最も旬なイメージセンサーを投入できるという強みを持っています。

有効約2430万画素

α6000のAPS-Cセンサーの画素数は約2430万画素。またセンサーサイズの大きさを生かした
高感度性能も、最高ISO感度25600を実現。この高感度性能、例えば、マジックアワーの時間帯の
美しい風景も、手持ちで気兼ねなく写すことができる!そんなチャンスが格段に増えました。

事実、この高性能センサーで写した写真を見ると、なるほどクリアで抜けのいい画に仕上がります。
そこで次回は撮影した画を元に、このセンサーの持つ特性と強みについて、じっくりご紹介します!
>>> 次回 SONY α6000 レビュー -高感度性能-
<<< 前回 SONY α6000 レビュー
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. EOS RP

    2019-2-16

    Canon EOS RP

    カジュアル・フルサイズ かつて、キヤノンのカジュアル・フルサイズ一眼レフといえば、EOS 6Dでし…
  2. 紫紺野牡丹_

    2019-2-9

    紫紺野牡丹(シコンノボタン)

    祇園の紫 去年、京都 祇園を訪れた時のこと。お昼をどこで食べようかと花見小路通を行ったり来たりして…
  3. 帝釈天

    2019-2-3

    Canon EOS R レビュー -質感表現-

    レンズとカメラの新しい関係 キヤノン初のフルサイズ・ミラーレスは何もかもが新しい。新設計のカメラに…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る