SONY α6000 レビュー -高感度性能-

白毫寺の石仏

イメージセンサーの進化

α6000のイメージセンサー、”Exmor”APS HD CMOSセンサーの進化のポイントの一つに、
高感度性能が挙げられます。ソニーが誇るこの自社製メージセンサーは、ギャップレスオン
チップレンズ構造を採用。センサーへの集光効率を飛躍的に高め、高画質化を実現しています。

ローキーなシーン

それでは暗い場所で、どれほどの高感度性能があるのか、ローキーなシーンで試してみました。
写真は、奈良 白毫寺にて。境内の東側に作られた「石佛の路」に立ち並ぶ、小さな石仏たちを
被写体に選びました。日陰で薄暗い環境の中で、この時は手持ちで撮影。

苔の質感

さていかがでしょう、この苔の質感。直接光の届かない日陰の中、この色彩の見事な描き分け。
“Exmor”APS HD CMOSセンサーが持っている、素養の高さを実感せざるを得ません。注目は、
一番手前の石仏。その手触り感と表面温度が直に伝わってくるかのような、グッとくるリアルさ。
思わず唸るその性能の高さに、やっぱりα6000を選んで良かった!としみじみ思うのです。
>>> 次回 SONY α6000 レビュー -デザイン-
<<< 前回 SONY α6000 レビュー -軽量・コンパクト-
>>> 製品レビュー
---------------------------------------------
f4 1/30秒 ISO100 露出補正-1.7
SONY α6000 レンズ:Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 16㎜
---------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る