SONY α6000 レビュー -高感度性能 Vol.2-

国際フォーラム

最高ISO感度25600

SONY α6000の高感度性能は最高ISO感度25600。フルサイズセンサー採用の上位機種、
α7同等の驚異的なスペックですが、実用上耐えられる画質、ノイズ、立体感などの限界値は
どの辺りなのか?夜のシーンを撮影しながら、その実力を確かめてみました!

夜の東京国際フォーラム

高感度性能による2つの利点。それは ①暗いシーンを美しく撮れる。②手振れを防いでくれる。
その2つのポイントを確かめるため、夜の東京国際フォーラムを被写体に選び、同じ位置から、
手持ちで撮影。ISO感度を徐々に変えながらノイズの発生具合の変化を見てみます。

ISO400

まずはタイトル写真、ISO400からスタート。絞り値は5.0でシャッタースピードは1/4秒。壁に
体をぴったりと付けて撮影したので、手持ちでも画はブレずに済みました。ノイズに関しては
ほぼ気になりません。PCで見てもプリンターで出力しても、ISO400ならまず問題ありません。

 粘り強い高感度性能

一段上げたISO800でもほぼ変わらず、更に感度を上げてみたのが下の写真。ISO1600から
ISO12800まで4段階、絞り値は変えずに撮影してみました。これを見ると、ISO1600でも
かなり健闘しています。一部画像を拡大させてノイズが見えてくるのはISO3200あたりから。
ISO6400で目立ち始め、ISO12800では全体的にノイズが乗り始めます。とはいうものの、
ISO一万超えの画。α6000の高感度性能は思いの外粘り強さを感じさせてくれました。
国際フォーラム_4mini
>>> 次回 SONY α6000 レビュー -オートフォーカス-
<<< 前回 SONY α6000 レビュー -操作性-
>>> 製品レビュー
---------------------------------------------
f5.0 1/4秒 ISO400 露出補正+0.3
SONY α6000 レンズ:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 34㎜
---------------------------------------------
>>> 東京スナップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. プラドレッド

    2017-8-21

    赤いひまわり プラドレッド

    花のイメージカラー 花には皆それぞれに、イメージカラーがあります。桜はピンク。藤は紫。チューリップ…
  2. ウィーディーシードラゴン

    2017-8-19

    サンシャイン水族館 ウィーディーシードラゴン

    馬か竜か? こちらの写真は、サンシャイン水族館で撮影したウィーディーシードラゴン。オーストラリアに…
  3. α6000_5

    2017-8-11

    SONY α6000 レビュー -オートフォーカス-

    0.06秒 シャッターボタンを半押しして、一瞬でピントが合うこの気持ちよさ。そのスピード、なんと0…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る