SONY α6000 レビュー -オートフォーカス-

α6000_5

0.06秒

シャッターボタンを半押しして、一瞬でピントが合うこの気持ちよさ。そのスピード、なんと
0.06秒!。スッと瞬時に合焦するスピードは、感覚的にはほぼ超音波モーター採用のレンズの早さ
に匹敵します。普段はα6000とは別に、Canon EOS 6Dを使用しているのですが、ライブビュー
時の合焦スピードはとにかく遅くて閉口しています。(ファインダー撮影時は超速ですよ!)

ハイスピードAF

 このスピードの差は何か?コントラストAFを採用しているEOS 6Dに対して、α6000では
コントラストAFに位相差検出方式AFを加えた、ファストハイブリッドAFを採用している為。
この新方式が、EOS 6Dのファインダー撮影時と同等のスピードを実現しているのです。

全域179点

更に、位相差で検出するポイントが格段に広がり、AFセンサーの数はなんと179点!画面全域が
びっしりと隙間なく埋められたAFポイントのレイアウトは圧巻。しかし実使用上では、意図しない
周辺部にピントが持って行かれないよう、フォーカスエリアを”ワイド”か”中央”に設定したほうが、
使いやすいかもしれません。

大進化

モータースポーツや鉄道写真など、速度の速い被写体を撮影するのでない限り、α6000の
AFエリア/スピード共に全く不安はありません。それほどまでにフォーカス周りの性能が大進化。
もしそれでもピントを外してしまうのであれば、それは腕の問題と言われそう…。
>>> 次回 SONY α6000 レビュー -高感度性能 Vol.3-
<<< 前回 SONY α6000 レビュー -高感度性能 Vol.2-
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る