エレクトリカルパレード

エレクトリカルパレード

製品レビューの高感度性能 Vol.2では、一つの被写体でISO感度の設定を随時変えながら撮影し、
ノイズの入り具合を検証しました。では実際に、夜景のスナップショットを撮影した場合は
どうなのか?東京ディズニーランドのエレクトリカルパレードで試してみました!

夜景の設定

ファンタジックな美しい光で、今も皆を魅了し続けるエレクトリカルパレード。身動きができない
人ごみの中、やってくる撮影のチャンスは一度きり。前回のトライでISO感度の許容範囲を確認
しているので、設定はISOを1600、絞り開放にセットしてパレードを待ちました。

手振れとシャッタースピード

美しい夜景を写す場合、とにかく手振れを抑え込むことが大事。撮影光量が足りなくても、現像
時に明るさを引き上げることができますが、ブレた写真は修正できません。ISOと絞りをセット
した結果、この写真ではシャッタースピードが1/125でした。これならなんとか手振れを防げる
限度範囲。ノイズの発生を抑えつつ、手振れ防止可能な夜景の設定は、この辺りになりそうです。
>>> 次回 SONY DSC-RX0 1st レビュー -サイズ-
>>> 次回 SONY α6000 レビュー -電子ビューファインダー
<<< 前回 SONY α6000 レビュー -オートフォーカス-
>>> 製品レビュー
---------------------------------------------
f4.5 1/125秒 ISO1600 露出補正+1.0
SONY α6000 レンズ:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 24㎜
---------------------------------------------
>>> 東京スナップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Nikon Z7_4

    2018-9-24

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.4 -EVF-

    シニアのためのEVF キヤノンもニコンも同時期に発表を行った、フルサイズ・ミラーレス。つまり、Rも…
  2. EOS R_5

    2018-9-22

    Canon EOS R 1st レビュー Vol.5 -インターフェース-

    本体操作インターフェース 新しいRFマウントを身にまとうオールニューモデルCanon EOS R。…
  3. Nikon Z7_3

    2018-9-19

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.3 -カメラ内VR-

    ニコン初のVR搭載 新しいZシリーズから、ニコンで初めて搭載されるのが、カメラ内のセンサーシフト式…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る