a6300

AF MONSTER

425点(!?)という驚異のAF測距点を備え、α6000シリーズがリニューアルしました。現行商品
のα6000から100番、200番を飛び越して、満を持して登場したのはα6300。一体、これほどの
AFポイントをどうやって制御するのか、そもそもファインダーの中にこれほどの多点が必要なのか?

4Kムービー

もちろん動画は4K撮影対応。これだけAF点があれば、動画時のオートフォーカスは全てカメラ任せ
でOKでしょう。世界最速0.05秒を謳うAF性能と合わせて、ベースとなる写真機能強化だけでなく、
動画機能にも大きなアドバンテージを持つ機能強化を図ってきました。

マグネシウム化

現行の本体の外装は樹脂性でしたが、耐久性と堅牢感のあるマグネシウム合金に変更してきました。
ところがよく見ると、そのデザインはほとんど変わっていません。つまり、新たに外観を作り直し
ながら、敢えて変えていないのです。これまでのモノ作りの常識を覆す手法。いいものは変えない、
という同社の強い信念を感じさせられました。
------------------------------------------
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. GR III_3

    2019-4-21

    RICOH GR III レビュー Vol.5

    接写 RICOH GR IIIでは、これまでよりもさらに接写に強くなりました。GR IIの最短距離…
  2. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  3. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る