α7R III_2

秒速10コマ

αシリーズ、高解像度の系譜”R”の名を冠したモデルの最新作、α7R IIIの登場です。”R”は、
Resolution(解像度)のR。その名の通り、現行機α7R IIが誇るフルサイズ4240万画素の
高解像度センサーを踏襲しながら、画像処理エンジンと高速LSIを刷新。高感度性能を約一段分
上げながらも、連写機能が秒速5コマからなんと秒速10コマに超絶進化!

フルサイズ/ミラーレス

コンパクトデジカメの減少。一眼レフカメラの需要頭打ち。そうした中で売り上げを伸ばして
いる唯一のカテゴリーがミラーレス。金額ベースで前年比、なんと31%増(GfKより)という
好調ぶり。また、フルサイズセンサー搭載機の投入を続けているソニーは、ついにニコンを
抜いて、フルサイズレンズ交換式カメラのシェアで、二位の位置につけました。

レンズかカメラか

過去から連綿と続く確かなレンズ資産によって、キヤノン、ニコンの高い壁は強固に守られて
きました。しかし今、カメラの心臓部とも言えるイメージセンサーの開発で先頭を走り続け、
マシンの進化を加速させているソニーの勢いが、ジャパン・テクノロジーの真骨頂である
カメラの世界で下克上を果たそうとしています。その急先鋒となるα7R III。山は動くのか。
-----------------------------------------
>>> 新製品ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 若草山の鹿

    2017-12-11

    若草山の鹿

    緑の山 奈良公園の東、一面芝生の緑色に覆われた、お椀を伏せたような山が見えています。三つの山が重な…
  2. MOMENTUM In-Ear Wireless_3_2

    2017-12-9

    SENNHEISER MOMENTUM In-Ear Wireless 1st レビュー -サウンド Vol.2-

    ハウジング カナル型のシンプルなハウジングの中には、ダイナミック型ドライバーが一基のみという、実に…
  3. 蓮華寺の紅葉

    2017-12-5

    京都 蓮華寺の紅葉

    蓮華寺へ 京都からバスを乗り継ぎ、大原へと向かうバスを途中下車。宝ヶ池の先で降りると、高野川沿いの…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る