IER-Z1R

開発者トークショーにて

2019年03月23日に発売予定の、ソニー渾身のインイヤーヘッドホン IER-Z1R。各カテゴリーで最高峰の製品に与えられる称号、”Signatureシリーズ”として生み出された本製品は、その価格なんと税込みで20万円超え!その音、当然気になります。本日、ソニーストア大阪で、開発者トークショーが開催されたので、早速参加して色々と開発秘話を伺ってきました。お話をしてくださったのは、同社アコースティックエンジニアの桑原英二さんです。

100kHz

IER-Z1Rの音の開発で最もこだわったのが、”空気感の実現”。この表現を現実のものとするために、最も重要なポイントが、100kHzという超高音域の再生。高音域帯はBA(バランスド・アーマチュア)ユニットという常識を覆し、この音の実現のために採用したのは、なんと直径5mmのダイナミックドライバー。

可聴域を超えて

一般的に人間の可聴域は、高音側で20kHzまでが限界とされています。それをはるかに超える100kHzの音はもちろんどんな人にも聞こえません。しかし自然界には純然と存在しています。それをリアルに描き出すことが、空気感を生み出すことだ、というのがこの製品の大きな狙い。ちなみにここまでの高音域になると、BAではインピーダンスが飽和を超えてしまうため音にならない。そのためダイナミック型を採用したそうです。

本当に興味深い話を色々と伺いましたが、本日はここまで。 次回はメイドインジャパンの品質について。
>>> 次回 SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.2
<<< 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る