IER-Z1R_2

壁の向こう

IER-Z1Rが目指すべき音質のテーマは”空気感の実現”。つまりこれは、音質を超えた情緒の世界。自ら掲げたこの高いハードルをクリアするために、まずはコストターゲットという壁を取り払いました。その中で実現すべきは、音の広がり、透明感、臨場感、静けさ。

匠の技術

この抽象的な概念を”音”という形に落とし込むためには、従来の汎用品の組み合わせでは実現できません。そこで今回、IER-Z1Rの音の心臓部となる新しいキーユニットの設計に取り掛かりました。”設計→試作→試聴”のサイクルを何度も繰り返す中で、なくてはならなかったのが、様々な素材を加工製造するための匠の技。

太陽工場

その匠の技とは、メイドインジャパンでなければ作ることができない精密加工技術のこと。こだわりのクラフトマンシップに支えられて製造されるIER-Z1Rは、大分 ソニー・太陽株式会社で行われています。ここでは同じくSignature Seriesであるオーバーイヤーヘッドホンの最高峰、MDR-Z1Rを筆頭に、MDR-EX1000やXBA-Z5などの名機も製造されています。

次回はいよいよ、キーユニットに採用された新しい製造技術の秘密について。
>>> 次回 SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.3
<<< 前回 SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.1
<<< 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る