IER-Z1R_2

壁の向こう

IER-Z1Rが目指すべき音質のテーマは”空気感の実現”。つまりこれは、音質を超えた情緒の世界。自ら掲げたこの高いハードルをクリアするために、まずはコストターゲットという壁を取り払いました。その中で実現すべきは、音の広がり、透明感、臨場感、静けさ。

匠の技術

この抽象的な概念を”音”という形に落とし込むためには、従来の汎用品の組み合わせでは実現できません。そこで今回、IER-Z1Rの音の心臓部となる新しいキーユニットの設計に取り掛かりました。”設計→試作→試聴”のサイクルを何度も繰り返す中で、なくてはならなかったのが、様々な素材を加工製造するための匠の技。

太陽工場

その匠の技とは、メイドインジャパンでなければ作ることができない精密加工技術のこと。こだわりのクラフトマンシップに支えられて製造されるIER-Z1Rは、大分 ソニー・太陽株式会社で行われています。ここでは同じくSignature Seriesであるオーバーイヤーヘッドホンの最高峰、MDR-Z1Rを筆頭に、MDR-EX1000やXBA-Z5などの名機も製造されています。

次回はいよいよ、キーユニットに採用された新しい製造技術の秘密について。
>>> 次回 SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.3
<<< 前回 SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.1
<<< 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る