mdr-a1_5

MDR-1シリーズ

5万円台から10万円を超える、目も眩むような価格のハイエンド・ヘッドホン。そのトップクラス
一歩手前、2万円台という手に届く価格帯で登場し、ミドルハイクラスの中でも群を抜くコスパの
良さで高い評価を受けた、広帯域再生ハイレゾ対応ヘッドホン、MDR-1R(現在はディスコン)。
その後継機として新たに登場したのが、MDR-1シリーズの中核となるヘッドホン、MDR-1A

ロングラン

発売開始は2014年11月なので、すでに登場から2年以上が経過したヘッドホンですが、未だその
人気は衰えていません。ノイズキャンセリング、ワイヤレス、DAC搭載など、自社や他社から
様々なタイプのヘッドホンが登場する中、現在も好調なセールスを続けているその秘密とは?

THE・ヘッドホン。

評価を受けているポイントは、もちろんその音質。2万円台とは思えない本格的な音を表現し、
エレクトロニクス・ミュージックを中心に、様々なジャンルの音楽でオールマイティに音を鳴らし、
マイナスポイントが見当たらない出来の良さ。加えて、”THE・ヘッドホン。”とも言える、王道を
行くしっかりとした製品作りとデザインが、今も続くロングヒットを生んでいる要素でもあります。

1A入手!

 先日、ソフマップで偶然、非常に程度の良い中古のMDR-1Aを見つけ、試聴させてもらいました。
すると、噂通りのストレートでノーマル(いい意味で)な音。きっと長く付き合えるのでは?と
思い、ふとプライスを見ると、なんと1万4900円という破格の値段!迷わず速攻で購入しました!

DAP(デジタルオーディオプレーヤー)はNW-WM1Aを使用。MDR-1Aのレビュー、始めます。
>>> 次回 SONY MDR-1A レビュー −装着感−
<<< 前回 SONY XBA-A2 レビュー −リ・イヤーピース EP-TC50 その2−
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る