SONY MDR-1A レビュー −音質−

MDR-A1_3

ファイン!

MDR-1Aを耳にかけてプレイボタンを押す。音を聴いてすぐに分かるのが、その音質の”楽しさ”。
再生周波数帯域とか、振動板に採用した新素材とか、そういう難しいことはさておきとにかく音楽
を聴いていて楽しいのです!そのサウンドを一言で表すとすれば、”ファイン!”

低音域の表現力

その音の楽しさはどこから来るのか?それはMDR-1Aの魅力である、ビートのスピード感と表現力。

一般的に低音域のボリュームを過度に膨らませると、どこかブーミーでボワボワとした、応答性の
悪い音になってしまいます。しかし、MDR-1Aが鳴らす低音はあくまでもクリア&スピーディ。
心地よい音圧を楽しみながらビートに身を委ねている時間、これが最高に楽しいのです。

トータルバランス

では1Aは、低音域に振った重低音タイプのヘッドホンなのか?というと、そうではありません。音
全域に亘って描写力が高く、音風景の見通しに曇りがなくどこまでもスッキリ。ボーカルと絃楽器、
ハイハットとピアノなど、音楽の各パート同士がぶつかり合うことなく互いの輪郭が明快なのです。

つまり、トータルバランスに優れた音をベースに、音楽の楽しさをダイレクトに感じさせてくれる
ビートをスタイリッシュに効かせた味付け。つまりは”カッコイイ”音なのです。うん、心憎い狙い!
>>> 次回 SONY MDR-1A レビュー −音質 その2−
<<< 前回 SONY MDR-1A レビュー −装着感−
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る