MDR-A1_1

継承。

MDR-1Aのデザイン、そのテーマは”継承”。数多くの人たちから絶大な支持を得た、前衛機種の
MDR-1R。ベストセラーとなったこのヘッドホンを一つの原型とし、デザインの基本部分は継承
しながら、その魅力を更に深化させることがMDR-1Aに求められていました。

原型。

外観を一新しつつも、原型となるデザイン・イメージの基本は変えない、という姿勢は、カメラや
車等ではよく見られます。それはライカやメルセデスといった、ブランドが確立されたメーカーが
行う手法。つまり、数あるヘッドホンの中で、MDR-1Aが一つのブランドとしてしっかりと認知
されているからこそ、”継承”のデザインが許されるのです。

フィニッシュ 

DNAを受け継ぎながらも深化したポイント。それはフィニッシュ、仕上げです。ヘッドホンの”音”
を作り出すハウジング部に施されたブラックモデルの塗装の質感。一眼レフなどの外装に見られる
”プロット塗装(きめ細かいモルタル塗装のようなテクスチャー)”を採用し、より精悍な表情が
際立つ、大人の道具としてのヘッドホンへ生まれ変わりました。確かにクールで渋い!
>>> 次回 SONY MDR-1A レビュー −バランス接続−
<<< 前回 SONY MDR-1A レビュー −音質 その2−
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る