MDR-A1_7

グラウンド分離

大口径のドライバーユニットやアルミニウムコートLCP振動板など、音を再現するための骨格が
しっかりしているMDR-1A。素の音だけでも十分に上質感を味わえるのですが、製品に付属して
いるヘッドホンケーブル(アンバランス接続)を、別売のバランス接続対応のものにリケーブル
すると、その音場が広がり、音の粒立ちが段違い!グラウンド分離構造で設計されているため、
バランス接続で音はよりグレードアップするのです。

方出しスタイル

そのMDR-1Aはケーブル構成がユニーク。ヘッドホン本体から出ている端子口は、L側からのみの
片出しスタイル。バランス接続させても、L、Rのハウジングから二本のケーブルをブラブラと
垂らさなくてもいい片出しスタイルを実現!これはスマートで画期的です!

MUC-S12SB1

MDR-1Aで使える、バランス接続対応の純正別売ケーブルは、MUC-S20BL1MUC-S12SB1
私が購入したのは、普段愛用しているDAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー) NW-WM1A
と相性ピッタリで、ポータブルアンプを介さずにバランス接続が楽しめる、MUC-S12SB1。
KIMBER KABLE社との共同開発で8芯Braid構造の、迫力たっぷりのバランスケーブル。

さて、リケーブルで劇的に変わったMDR-1Aの音について、次回詳しくレビューします!
>>> 次回 SONY MDR-1A レビュー −バランス接続 その2−
<<< 前回 SONY MDR-1A レビュー −デザイン−
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る