SONY MDR-1A レビュー −バランス接続 その2−

MDR-A1_8

シングルケーブル

MDR-1Aを、付属のヘッドホンケーブルから、別売のΦ4.4mmバランス標準プラグを採用した
MUC-S12SB1にリケーブル。この組み合わせの最大の利点はシングル接続。左右が分離した
バランス接続なのに、プレーヤー側もヘッドホン側もそれぞれプラグは一つ。ケーブル一本だけで
接続がOKなのです。バランス接続だからといって、複数のケーブルを繋げる必要がないのです。

リケーブル

さて、NW-WM1AMUC-S12SB1/MDR-1Aの組み合わせで、音楽を聴いてみます。まず
感じるのが音のキレ。楽器やボーカルの音像がスカッとクリアになり、音の輪郭の一つ一つが
まるで美しい4K映像のように目の前に展開されるのです。それぞれの音源がきちんと独立すること
で、音の定位がピシッと定まり、自然と音場はナチュラルな広がりを見せます。つまり音全体の
立体感と解像感が豊かにスケールアップされるのです。

音の性格

もともと高音域から中音域の表現力に長けていたところに加えて、音全体の解像度のランクが
上がるので、聴いていてとにかく心地いいのです。音圧高めでやや攻めていた低音域については、
S/N比の向上に伴い、透明度の高い深海のような贅沢な音に変わります。スピーディーで楽しい
低音域の性格はそのままに、より深みを増した素敵な音に変わりました。

MDR-1Aの魅力をエンハンスするMUC-S12SB1の力。リッチな値段だけのことはありました!
>>> 次回 SONY MDR-1A レビュー −おすすめアーティスト−
<<< 前回 SONY MDR-1A レビュー −バランス接続−
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. IER-Z1R_3

    2019-3-23

    SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.3

    ダイナミックドライバー IER-Z1Rは3つの異なるドライバーを持つハイブリッド型。その音の中核を…
  2. IER-Z1R_2

    2019-3-21

    SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.2

    壁の向こう IER-Z1Rが目指すべき音質のテーマは”空気感の実現”。つまりこれは、音質を超えた情…
  3. IER-Z1R

    2019-3-16

    SONY Signatureシリーズ IER-Z1R Vol.1

    開発者トークショーにて 2019年03月23日に発売予定の、ソニー渾身のインイヤーヘッドホン IE…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る