SONY MDR-1A レビュー −おすすめアーティスト−

MDR-A1_2

総括

全方位隙なし。打ち込み系も、ボーカル系も、ロックもこなす、モダンミュージックの美味しい
音のツボを知り尽くしたオールラウンダー。1Rから引き継がれた極上の着け心地と、とことんまで
楽しめる音色を奏でるエンターテイナー、MDR-1Aにぴったりのおすすめアーティストとは?

J POP

まずおすすめなのが、J POPの男性デュオ、3月からの活動再開を宣言したCHEMISTRY
スカッとした凛々しいボーカルと、スピード感溢れるイマドキの音楽との組み合わせは、1Aの
鳴らす音のコアにぴったりはまります。もちろんCHEMISTRYのバラードも絶品!

ギタリスト 

MDR-1Aが聴かせてくれる楽器の中でも、特に艶っぽくて粋な音を聴かせてくれるのがギターの
音色。そこでおすすめなのが、世界で最も偉大なギタリストのうちの一人、Eric Clapton
クラプトンの奏でるギターの魂の音が、まるでボーカルのような生々しさで耳に届きます。

クール・ファンク

クールかつホット。スマート&セクシーなファンクミュージックで多くの人を楽しませてくれる
Pharrell Williams。ゴキゲンなビートと澄ましたボーカルの組み合わせが、今の空気感にピタリ
と融合。そんなファンキーな音は、MDR-1Aの得意中の得意。聴けば思わず体も揺れてきます。

聴き疲れのしない本体設計に、ノリのいい楽しい音。ザ・ヘッドホン、MDR-1A、おすすめです!
>>> 次回 Panasonic LUMIX DMC-LX100 レビュー
<<< 前回 SONY MDR-1A レビュー −バランス接続 その2−
-------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る