SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その1−

muc-s12sb1

リケーブルの威力

優れた性能を持ったヘッドホン/イヤホンは、リケーブルしてこそその真の実力を発揮する、と
言われています。しかしここで疑問!ドライバーユニットやハウジングの設計が進化するのなら
まだしも、ケーブルが変わるだけで本当に音が変わるのだろうか?

2つのイヤホンジャック

NW-WM1シリーズのユニークな特徴の一つである、天面に備えたφ3.5mmとφ4.4mmの2つ
のヘッドホンジャック。特にφ4.4mmは新統一規格を採用し、一つのジャックでバランス接続が
可能。リケーブルを試すならばこちらの方を選ぶしかない!

MUC-S12SB1

ヘッドホンMDR-1Aに対応した新規格φ4.4mmバランスケーブルが、MUC-S12SB1。同梱
された標準ケーブルからどれくらい音が良くなるのか?早速付け替えて聴いてみました!
すると目からウロコ!明らかに向上したその音、一言で言えば”グレード感”が違うのです。

音のステージ

音の世界が変わる、そんな印象。MDR-1Aに、まだこんな力が秘められていたのか!という
驚き。ボーカル、楽器、電子音、各パートの分解性能が上がるのはもちろん、何よりそれを包み
込む音の世界全体が突如、ラグジュアリーな空間になるのです。同梱ケーブルで聴いていた元々
の音はもちろん優等生でしたが、MUC-S12SB1によって、更に大人の表現を手に入れたのです。
>>> 次回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その2−
<<< 前回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −Bluetooth−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 鹿の赤ちゃん

    2017-6-15

    鹿苑(ろくえん)の赤ちゃん小鹿 Vol.3

    ベビーラッシュ 奈良公園。6月初旬は、鹿達のベビーラッシュの時期。園内に設置されている鹿の保護施設…
  2. α6000_3

    2017-6-12

    SONY α6000 レビュー -デザイン-

    水平と垂直 α6000のデザインを語る上で欠かせないキーワード、それは水平と垂直。あまりに普遍的で…
  3. 御衣黄

    2017-6-10

    緑色の桜 御衣黄(ぎょいこう)

    緑色の桜 「緑色の桜というものがある。」と、テレビのクイズ番組で出題されたなぞかけ問題のような話を…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る