SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その3−

muc-m12sm1

イヤホンのリケーブル

前回はヘッドホンMDR-1Aをリケーブルし、その効果をレビューしました。高品質なケーブルに
変えるだけで、音質の向上を確かに実感することができました。さて、その法則はイヤホンでも
あり得るのか?私が普段愛用しているイヤホンはハイブリッドタイプのXBA-A2。これに対応する
ソニー純正のケーブル、MUC-M12SM1(現在はディスコン品)を入手して試してみました!

ケーブルの質

手にしてまず最初に感じるのがケーブルの質感。XBA-A2標準ケーブルは、赤と黒にカラーリング
されたやや細めのセレーションケーブルですが、MUC-M12SM1のケーブルはしっかり極太。
線の素材は前後二つに素材が分かれていて、プラグ側は左右のケーブルが一つに編みこまれた
ファブリック素材。イヤホン側はシンプルなブラックケーブル。異なる二つの素材を組み合わせた
高品位な大人のデザイン。上質な雰囲気がじんわりと伝わってきます。

使い勝手

特に、プラグ側のファブリックケーブルは一見組み紐のよう。しっかりとした太さがありながら、
しなやかな硬さがあり、捻りに対する耐久性が高そうな品質です。普段は、音楽を聴き終えた後
DAPの本体に軽く巻きつけたりするのですが、このケーブルは変な巻き癖がつきません!

SHURE掛け

そしてMUC-M12SM1にリケーブルしてみて、使い勝手が大きく変わったのがイヤホンの掛け方。
イヤホンに接続するMMCXベースの端子形状が、SHURE掛けタイプのXBA-A3に近い、くの字型
をしているので、通常の耳掛けスタイルだったXBA-A2でSHURE掛けをすることが可能になり
ました(もちろん通常スタイルもOKです)!安定度が増しタッチノイズも減り、今までよりも
さらに音楽に没入できるようになりました!

さて次回は、肝心の音質に関するレビューです。果たしてMUC-M12SM1のリケーブルの効果は?
>>> 次回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その4−
<<< 前回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その2−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る