SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −シャーシ−

nwwm1a_2

”インゴット”

NW-WM1Aを目の当たりにして感じる、強烈なその印象。”インゴット”と呼ぶに相応しい重量感と
塊感の秘密。そのモノ作りのスタートは、まさにインゴット(地金)から始まります。上位機種の
NW-WM1Zでは無酸素銅のブロックから、NW-WM1Aではアルミのブロックから、手間と時間の
かかる切削加工で削り出した構造一体成型の、いわゆるユニボディがベースになっています。

nw-wm1a_block_3

高純度

無垢の金属をキャビティーに使用することで、ボディ全体の剛性を上げるだけでなく 、音質の向上
にも影響を及ぼすことが分かっています。例えば、同じアルミでも純度の高い方が音は良くなり、
アルミよりも電気抵抗の低い銅の方が音質は上がるのです。そのためNW-WM1Aでは高純度アルミ
を躯体に採用し、NW-WM1Zでは99.95%以上という高純度の無酸素銅を採用しているのです。

重量感

加工方法も材質選択も非常に贅沢な作りをしていますが、ユーザーがそれを実感できるのは、本体
を手にした時。一般的なDAP (デジタルオーディオプレーヤー)とは明らかに異なるズシッと
した重量感。アルミ切削のNW-WM1Aで267g。無酸素銅のNW-WM1Zではなんと455gも!

破格

iPhone 6の重量が129gですから、NW-WM1Aは約2倍の重さ。NW-WM1ZはiPhone 6を3個半!
持っているという計算。もはやポータブルという枠を超えた破格の重量感は、ただそれだけで音質の
高さが約束されているかのような、確かな本物感を感じさせてくれるのです。
>>> 次回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −高音質化設計−
<<< 前回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る