SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −ストレージ−

nwwm1a_7

データ容量

高密度なデジタル音源、ハイレゾの音。それは、デジタル臭が無く生音に迫るリアリティー、と
言われています。実際耳にしてみると確かに音はいい!しかし、気になるのはそのデータ容量。
ハイレゾは、CD音源のなんと最大6倍ものデータ量を必要とするので、本体内蔵メモリが
128GBのNW-WM1Aの場合、全コレクションをハイレゾに、という訳にもいきません。

MP3からハイレゾまで

実際のデータ量はどれくらい?という訳で、同じ曲でその大きさを比較してみました。曲は
Michael Jacksonの”Human Nature”。まずはMP3。ビットレート320kbpsで圧縮したものが、
一曲9.9MB。次にCDをFLAC44.1kHz/16bitでリッピングしたものが、31.8MB。続いて、音楽
配信サイト、moraで購入したハイレゾ音源FLAC96.0kHz/24bitのデータは、なんと248MB!
つまり、CD FLACの7.8倍!。MP3のなんと25倍(!?)という超巨大なデータ容量。

アルバム枚数

ということは、内蔵メモリに収録できるアルバム枚数でいうと、CD音源ならば約400枚収録可能
ですが、ハイレゾだと約50枚程度。これではいかにも心許ない。という訳で、NW-WM1Aに
用意されているのが、microSDメモリーカードスロット。しかし、サポートページでみると、
最大128GBまでしか動作保証されていません。

200GB

今、価格と容量のコスパが高い、SanDiskの200GBのMicroSDXCカードは使えるのか?と
思い、勇み足で購入してみました。買ったのは並行輸入品の上、メーカー推奨品でもありません。
届いたカードを恐る恐る入れてみましたが…、無事認識!これでとりあえず容量の問題はひと安心。
もちろん同じカードの動作を保証するものではありませんが、ご参考までに。
>>> 次回 
SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −デザイン−
<<< 前回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −バランス接続−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る