NW-ZX100_1

ハイレゾ・ウォークマン

2013年12月に登場した、ハイレゾ・ウォークマンのフラッグシップモデル NW-ZX1。その後を
引き継ぎ、昨年10月に発売された後継機種がこのNW-ZX100です。先日、これまで愛用していた
Xシリーズを買い換えて、このNW-ZX100を使い始めました!ハイレゾの音質は?外観デザインは?
使い勝手は?色々と気になるポイントがありますが、まずはその操作性からレビュー開始!

インターフェース

それではまずインターフェースから。ハードウェアの構成は3.0型液晶ディスプレイとその下に
ある十字/決定キー。基本操作はウォークマンAやSシリーズとほぼ同じですが、ホーム画面は
ミュージック検索画面になっていて、より音楽専用プレーヤーらしい使い勝手になりました。

タッチ 非対応の操作感

これまでのZXシリーズとの最も大きな違いがその操作性。ZX1/ZX2ともにAndroid OSの
タッチ画面操作だったのに対して、ZX100ではウォークマン専用OSとなり、タッチ操作が不可
になりました。したがって、操作当初はどうしても画面側に指が伸びてしまいます。しかし、
十字キー操作に慣れてくると、操作ステップが短いシンプルなOSによる操作感は小気味が良く、
曲の検索時にもたついた印象がありません。どちらがいいかというより、慣れたもん勝ちです。

音楽の道具 

今までタッチ画面操作だったXシリーズを使っていたので、十字キー操作に抵抗がありましたが
案外慣れるのは早いものです。キー自体も大きな面キーなのが使い易い要因かもしれません。
アルバム検索はジャケット写真のみにして(下記写真⇩)、大体の位置関係とアルバムビジュアルで
サクサクと選ぶのがオススメです!
NW-ZX100_画面

次回はZX100の「音質」に迫ります!
>>> 次回 SONY WALKMAN NW-ZX100 −音質−
<<< 前回  Apple Watch レビュー⑦ ーカメラリモートー
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る