SONY WALKMAN NW-ZX100 レビュー −音質−

NW-ZX100_5

ZX100の音質

さて、肝心の音質、ハイレゾ・ウォークマン NW-ZX100の実力は?今まで使っていたXシリーズや、
現行のAシリーズと比較して聴き比べてみます。すると期待に違わず、その音質には明確な違いが!
一言で言えば解像度の差。つまり音の分解能力の高さが違うのです!

描く音

ボーカルと楽器。高音と低音。喧騒と静寂。そのあらゆる音楽の場面において、各パートの描き方
が実に明瞭でクリア。秦基博”アイ”の歌い出しの息継ぎのリアルさ。”You Raise Me Up”を
歌うCeltic Womanのボーカルの伸びやかさと透明感。One Direction
の”Live While We’re Young”のビートとバスドラムの厚みと深みを実感。

音域

低音域の豊かな膨らみと高音域の繊細な表現力。アーティストの魂でもあるボーカルの美しい個性。
それが生のまま目の前に再現される。今まで気づかなかった薄いヴェールが消えて、音の曇りが
サァッと晴れて聴こえるダイレクトな臨場感。これには価格なりの確かな納得感が感じられます。

 アーティストの思い

より正しい音に近づくということは、アーティストが表現したかった思いに近づくということ。
自分が好きな音楽家のハートに更に一歩踏み込める、そんな体験はとても贅沢です。人生の時間
は限られています。どうせ楽しむならば体験価値の高い音で、感動のレベルを高めたいですね!
>>> 次回 SONY WALKMAN NW-ZX100 レビュー −構造設計−
<<< 前回 SONY WALKMAN NW-ZX100 レビュー −操作性−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る