1000X

先行展示

10月7日発売予定、ソニー初の完全ワイヤレスイヤホンWF-1000X。ドイツで行われた家電ショー
IFA 2017で発表されて以来、多くの話題を呼んでいるワイヤレスイヤホンのニューカマーです。
発売前に先行展示にて体験できるということで、ソニーストア大阪に行ってきました!

コーデック

 WF-1000Xがサウンドデータの圧縮に使用してるのは、SBCとAAC方式のみ。高音質な
aptXやソニーが提唱するハイレゾ相当のLDACの採用は見送られました。完全ワイヤレス機能に
よる快適性とのバーターとはいえ、どうにも残念。ではそのサウンドクオリティの実力は?

音質

展示したての WF-1000Xを手に取り、早速iPhoneにペアリング。まず耳に届いたその音質は、
素直でパワフル。中音域を中心に、ボーカルの輪郭がくっきりと立つわかりやすいサウンド。
ドライバーユニットは、口径6mmの密閉ダイナミック型なので、BA(バランスド・アーマ
チュア)のような繊細な表現力はありません。

解像感

そして、aptXやLDACなどの新世代コーデックの採用見送りのせいでしょうか、音の解像感
については、やはり力不足の感は否めません。WF-1000Xへの音質に対する期待が高かった
だけにこれは…(自分勝手な期待でしたが)。しかし、この小さな躯体の中に、Bluetooth
モジュール、アンテナ、バッテリー、ドライバーなど、様々な回路とパーツを詰め込んで完成
させたことは大きな挑戦。そして実現したこれまでにないオールフリーの快適性は、新時代の
テクノロジーによる新しさ!この新鮮な体験は、間違いなくこれまでになかった自由です!
>>> 次回 SONY WF-1000X 1st レビュー -ノイズキャンセリング-
<<< 前回 SONY DSC-RX0 1st レビュー -拡張性-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. google home 8

    2018-5-26

    Google Home / Mini レビュー -外部スピーカー連携 その3-

    音声認識率 Google Homeの音声認識率は思いの外正確です。曲名もアーティスト名も、声さえ届…
  2. 奈良の鹿

    2018-5-17

    春の奈良公園 桜と鹿

    春の日差し この春、桜の咲き誇る季節に訪れた、奈良公園で撮影した写真です。この日、桜前線がちょうど…
  3. SRS-X88

    2018-5-12

    Google Home / Mini レビュー -外部スピーカー連携 その2-

    スピーカーを選択 Google Homeと外部スピーカーを連携させるなら、Chromecast b…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る