WI-1000X_10

専用アプリ

WI-1000Xは、スマホの専用アプリ”Headphones Connect”に対応。このアプリを使うと、
各ユーザーのリスニング環境に合わせて、音楽を自分好みにカスタマイズする事ができるのです。
音楽の楽しみ方の幅をさらに広げてくれる、簡単かつ便利な面白い試みです。

パーソナライズ

Headphones Connectでできる主な機能は、①バッテリー残量など機能状態表示。②サラウンド
設定。③音質コントロール。④ノズキャンセリング設定、等々。これで音質や音場をイコライザー
感覚で細かく調整したり、プリセットされた環境をタップで切り替え、自由自在にパーソナライズ。

サラウンド

まずは、VPT : Virtualphones Technology(バーチャルホンテクノロジー)を使った
サラウンドの効果を試してみます。デフォルトはOff。そこからArena、Club、Outdoor Stage、
Concert Hallの擬似環境を選択可能。タップ&スライドで選択してみると、思った以上に
音質は変わります。仮想空間のどれもが大空間なので、ボーカルは全体的に奥に引っ込み、
低音域の厚みが増してきます。しかしWI-1000X本来のクリアな音質がスポイルされてしまうため、
すぐにOffへ戻してしまいました。重低音タイプのMDR-XB950N1なら面白いのかもしれません。

 サラウンド

 イコライザー

次は音質のコントロール。イコライザーにはBright、Exited、Mellow、Relaxed、Vocalなど
がありますが、お勧めはExited。低音域の厚みが増し、屋外で聞いている時、周囲の外部音等で
失われがちな音域の欠損を補ってくれます。また、寝落ちの際のリスニングには、耳に優しい
モードのRelaxedがおすすめ。様々なシチュエーションで、手軽にいろいろ試せるのですが、
やっぱりデフォルト設定が一番音がいい、というのが結論です!

>>> 次回 SENNHEISER MOMENTUM In-Ear Wireless 1st レビュー
<<< 前回 SONY WI-1000X レビュー -デザイン-
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. MDR-1AM2

    2018-2-22

    SONY MDR-1AM2 Vol.2

    真打ち登場! 今年の年始に行われたCES 2018にて製品発表があって以来、日本での発売のリリース…
  2. 吉城園の椿

    2018-2-19

    吉城園の椿

    雪の庭 先週末、前夜に積もった雪が残る奈良の町へ向かい、飛火野、二月堂、と歩き、東大寺大仏殿の北側…
  3. FUJIFILM X-H1

    2018-2-17

    FUJIFILM X-H1

    Xシリーズ 富士フィルムのプレミアムライン、Xシリーズから新たな製品が登場。ついにシリーズで初とな…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る