XBA-40_2

4の威力

密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-40。ソニー独自開発のBA (バランスド・アーマチュア)
ドライバーを、なんと驚異の4個積み。高精度かつ高密度な設計基準を求められるBAユニットを、
贅沢にも4基搭載したイヤホン。これはBAユニットを自社で開発しているソニーにしかできない
製品なのかもしれません。

BAへの拘り

通常BAユニットは、ダイナミック型と比べて音を鳴らす周波数の帯域が狭いため、フルレンジで
帯域の広い音を表現しようと思ったら、各帯域にチューニングされたユニットを複数個積んで
フルレンジに対応しなければなりません。それほどまでに手間をかけてまでBAの音に拘るのは、
何と言ってもBAが奏でる音のポテンシャルの高さでしょう。

繊細さ

帯域が狭い、つまり裏を返せば繊細ということ。BAが最も得意とする音域、高音域〜中音域の
音表現の能力は、実際飛び抜けています。特にボーカルの声の生々しさと言ったらありません。
まるで脳に直接囁かれているかのようなリアルさ。この表現力の高さを武器に、フルレンジ域と
トゥイーター域のドライバーに加え、BAの苦手な低音域をカバーするため、ウーファーとスーパー
ウーファーのドライバーユニットを搭載。

独自の拘りポイントがぎゅっと詰まった、このユニークなイヤホン、早速レビュー開始です!

>>> 次回 SONY XBA-40 レビュー −音質−
<<< 前回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −おすすめアーティスト−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る