SONY XBA-40 レビュー −デザイン−

XBA-40_4

十時配列

XBA-40の最大の特徴である、クワッド・バランスド・アーマチュア・ドライバーユニット。
新規に開発した小型のBA(バランスド・アーマチュア)ユニット4基を、ぎゅっとまとめて
ハウジングの中に搭載。その断面形状は上下左右の十時形。その独自の配列そのものが、外形に
現れています。

4つのアイコン

その特徴的な配列は、ハウジングを見ればよく分かります。イヤホン背面を真後ろから見ると、
金色のブロックが4つ、アイコンとしてプリントされています。この配列こそが、まさに4基の
配列位置。ちなみにBAを3基搭載のXBA-30は縦3つの金色ブロック。BAを2基搭載のXBA-20
は縦2つの金色ブロック。このアイコンが、シリーズのイメージとグレードを端的に表しています。

スプーンカット

XBA-40の外形の基本形状は、まるっと球形。鏡面メッキの小さな球が耳元にコロンと出ている
ので、装着感としてはちょっとしたアクセサリー感覚です。そのシルバー球の背面に描かれた
4つのブロックアイコンのアウトラインに従い、欠けた4箇所をスプーンカットした、シンプルで
キュートなデザイン。毎日身につけるイヤホンですから、きれいなデザインであることは大切な
要素ですね。
>>> 次回 SONY XBA-40 レビュー −おすすめアーティスト−
<<< 前回 SONY XBA-40 レビュー −音質−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. Bowers & Wilkins PX

    2018-1-21

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー

    Bowers & Wilkins ジョン・バウワースとロイ・ウィルキンスにより設立された、…
  2. 電動バイク

    2018-1-19

    上海の電動バイク

    電動バイク 上海市内で路上を走る車両を見ると、アジアの国らしくバイクの大群をよく見かけます。信号待…
  3. 居囃子

    2018-1-15

    川越 居囃子(いばやし)

    川越 東京都心から一時間弱。江戸、明治、大正、昭和の時代の面影が今も残る街、川越。中でも蔵造りの商…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る