コルドバの歴史地区

オレンジ色の塔

白壁と黄色く塗られた軒下。爽やかな青空に映えるコルドバの歴史地区を進んでいくと、やがて
背の高い白壁の向こう側から、オレンジ色の巨大な塔が顔を現します。その塔の名前、聖マリア
大聖堂(メスキータ)のアルミナル塔。

コルドバのシンボル

世界遺産 コルドバの歴史地区を象徴するこの尖塔、街の様々な場所から望むことができます。
オレンジが生い茂るパティオの合間から。ユダヤ人街の路地の脇から。コードバン(cordovan)
を扱う革専門店の店先から。

イスラムからキリストへ

澄み渡ったスペインの青空を背景にして、鮮やかに切り出されたそれぞれの風景は、イスラム文化
からキリスト勢力へと移り行く、激動の歴史をそのまま残したコルドバの街の類まれなる景色
として、世界中の観光客の目を釘付けにしています。
---------------------------------------------
f/8 1/250秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 26㎜
--------------------------------------------
>>> camtips -Wonder Trip !-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 建仁寺

    2018-11-12

    Canon EOS R レビュー -高感度-

    阿吽の双龍 遥か上方を見上げると、そこには天井を覆い尽くす程巨大な一対の龍。漆黒の闇の中から突如浮…
  2. 般若寺のコスモス

    2018-10-29

    Canon EOS R レビュー -解像感-

    Rの絵 さて、Canon渾身の新製品、EOS Rの描き出す絵とは、一体どんなレベルなのでしょうか?…
  3. EOS R_13

    2018-10-27

    Canon EOS R レビュー -グリップ感-

    握る。 今、カメラ売り場を見渡すと、一眼レフからコンデジまで、様々な大きさ、様々な形状のカメラが市…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る