世界遺産 スペイン グエル公園

スペイン バルセロナの世界遺産、グエル公園。

「アントニ・ガウディの作品群」のうちの一つグエル公園。現在は市民や観光客の集う公園ですが、
もとはといえばここは高級分譲住宅地でした。ガウディのパトロン、グエル伯爵を施主として、
建築家 アントニ・ガウディが14年の歳月をかけて作り上げた夢の計画住宅。

アートと暮らす夢

野外劇場や水路、橋脚や回廊など、周囲の地形を生かしながら作られた60軒の分譲住宅でしたが、
「芸術に囲まれながら暮らす、自然との共生」という、当時としては先を行き過ぎたその発想が
受け入れられず、ほとんどが売れ残ったというこの場所。販売の対象はもちろんブルジョア層に
向けた宅地であしましたが、当時一体いくらで売り出されていたのか?興味のあるところです。

唯一無二のデザイン。

その後バルセロナ市に寄付され、市民の公園として解放されるようになると、一見奇抜とも思える
様々な意匠も、その根底にある明るさ、楽しさから、多くの人々から愛されるようになりました。
確かに、粉砕タイルを用いたオーガニックな造形が目を引く唯一無二のこのデザイン。
バルセロナの抜けるような青空の下で見た、陽気なタイルのモザイク柄は、とっても心を和ませて
くれました。

------------------------------------------
f/10 1/250秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 17㎜
--------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る