グエル_中央広場

大階段

世界遺産 スペインのグエル公園を訪れた時のこと。エントランスに入るとまず目に飛び込んで
くるのは、まるで砂糖菓子で作られたかのようなロマンティックな作りの大階段。巨大なテーマ
パークの入り口に向かうかのような、わくわくした気持ちで上っていきます。

透明人間!?

階段上を右手に回るとそこは大きな中央広場。広場を囲う縁にはグエル公園を象徴する、あの
モザイクタイルのベンチが、広場の周囲をぐるりと取り囲んでいます。ふと広場の中央を見ると、
その真ん中で一人のパフォーマーがなにやら始めているのです。……あれっ?透明人間!?

インビジブル

ステッキを前にして、まるでスローモーションのような動きを見せるその紳士の顔を見た途端…
思わず絶句。
本当に、二度見をしてしまいました。映画「インビジブル」正にそのまま。

よく見ればすぐにその仕掛けは理解できるのですが、しかしうまいこと考えたなぁ…と。

パフォーマンス

ネクタイの辺りに本当の頭があるのは分かっているのですが、意識と視線はどうしても透き通る
顔の方に引き付けられてしまうのです。パフォーマンスと言ってもステッキで地面に字を書いたり、
ゆっくりとその辺を歩いているだけ。しかし、少なからず色んな人たちからチップをいただいて
いました。そのうちの一人、チップを渡しに走り寄って行った、小さな少女が見上げる不思議そう
な眼差しがとても印象的でした。
---------------------------------------------
f/10 1/165秒 ISO200 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF-S17-85 IS U 85㎜
--------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 鹿の赤ちゃん

    2017-6-15

    鹿苑(ろくえん)の赤ちゃん小鹿 Vol.3

    ベビーラッシュ 奈良公園。6月初旬は、鹿達のベビーラッシュの時期。園内に設置されている鹿の保護施設…
  2. α6000_3

    2017-6-12

    SONY α6000 レビュー -デザイン-

    水平と垂直 α6000のデザインを語る上で欠かせないキーワード、それは水平と垂直。あまりに普遍的で…
  3. 御衣黄

    2017-6-10

    緑色の桜 御衣黄(ぎょいこう)

    緑色の桜 「緑色の桜というものがある。」と、テレビのクイズ番組で出題されたなぞかけ問題のような話を…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る