タグ:リコー

  • GR III_3

    RICOH GR III レビュー Vol.5

    接写 RICOH GR IIIでは、これまでよりもさらに接写に強くなりました。GR IIの最短距離が10cmだったのに対して、GR IIIではなんと6cm!従来の半分近くまで寄れるので、テーブルフォトに強くなったのはも…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 二月堂の釜_

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまでGRI/GRIIで採用していた5群7枚のGRレンズから、4群6枚の新型GRレンズに変更。また、描画エンジンはGR ENG…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • GR III_2

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機と同じAPS-Cサイズ!手で軽く握れるほどの本体寸法の中に、一体どうやって一眼レフと同じサイズのセンサーが搭載できたのか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 二月堂の絵馬

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。いつもならカメラバッグに一眼ミラーレスと標準ズーム、三脚は持ち歩かないもののサブバッテリーと交換レンズを入れて歩き回るので…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • GR III_1

    RICOH GR III レビュー Vol.1

    GR1 1996年10月に生まれた、プロも認める最強のサブカメラ RICOH GR1。当時はまだデジカメの黎明期ですから、GR1はもちろんフィルム式。小型軽量、マグネシウムボディに28mm F2.8の単焦点レンズを組み…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オートハーフ_深川不動堂

    RICOH AUTO HALFの魅力 ⑥ -スナップ-

    贅沢な趣味 リコー オートハーフが生まれた1960年代初頭、写真はとても贅沢な趣味でした。一眼レフカメラの値段が、大卒初任給の何倍もし、フィルム代、現像代、プリント代と、お金がかかることばかり。なので、一枚の写真を撮影…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オートハーフ_4

    RICOH AUTO HALFの魅力 ⑤ -サイズ-

    1st Model リコー オートハーフのファーストモデルは、設計 安宅氏/デザイン 野中氏という体制で開発がスタートしました。フィルム巻き上げが自動で、シャッターさえ押せば誰にでもきれいに撮れるオートマチックカメラを…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ポロのハーフサイズ_title3

    2015-1-15

    ポロのハーフサイズ : レトロなだけじゃない!ハーフサイズカメラの魅力!

    レトロなだけじゃない!懐かしくて新しいハーフサイズカメラの魅力! ☆「オリンパス・ペンF」、☆「キ…
  2. ポロのフォトログ

    2015-1-18

    ポロのフォトログ : 管理人(ポロ)の、日々の日常を綴ったフォトブログです。

    [wc_box color="info" text_align="left"]          ポ…
  3. 花鳥風月_奈良の色_タイトル画像_

    2015-2-15

    花鳥風月、奈良の色。

    日本古来の原風景が今もなお残る、古(いにしえ)の都、麗(うるわ)しの都、奈良。季節とともに鮮やかに香…
  4. 古都_京都の雪月花_タイトル画像_2

    2015-2-15

    古都、京都の雪月花。

    日本の美意識、和の心。世界を魅了する千年の都、京都に潜む、洗練された美しい風景を写していきます。 …
  5. 東京スナップ_タイトル画像

    2015-2-15

    東京スナップ!

    新しい文化と、江戸の情緒が同居する、メトロポリタン・TOKYO。ダイナミックに変わり続けるその姿を、…

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る