永楽1

気品の紅色

出会いの瞬間、その深く気高い花の色にハッとさせられました。椿の名は「永楽」。
白やピンクや紅白絞りなど、華やかな咲き姿の椿が数多くある中にあって、紺侘助(こんわびすけ)
や黒椿など、シックな色合いの椿の花も、椿寿庵(ちんじゅあん)のハウスの中には咲いています。

 蕊(しべ)

この「永楽」も深い赤の色を備えた、印象的な椿のうちの一つ。濃い紅色の椿は数多くある中で、
なぜこの花に惹きつけられるのだろう?と思ってよく見てみると、花の中心にある筒状の蕊(しべ)
の色まで紅色なのです。まるで、周囲の花の色によって染められたかのように鮮やかなしべの色。

黒侘助

別名「黒侘助(くろわびすけ)」と呼ばれるこの永楽。確かにこの暗紅色の深みのある印象は、
”黒”と呼んでもいいほど重厚な色です。しばらく眺めていても、その味わい深いニュアンスのある
紅色は、見飽きることがありませんでした。
------------------------------------------
f/4 1/125秒 ISO200 露出補正-1.0
Canon EOS 6D レンズ: TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO1:1 90㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る