椿寿庵(ちんじゅあん) ~蝦夷錦(えぞにしき)~

蝦夷錦1

視線

奈良 大和郡山の椿寿庵(ちんじゅあん)。ハウスの中の鉢植え椿を順に見て回るうち、ふいに
華やかな視線を感じました。花の中心にある蕊(しべ)をしっかりと結び、まっすぐにこちらを
見据えた鮮やかな表情。その椿の名は、”蝦夷錦(えぞにしき)”。

江戸の気品

 天下泰平の江戸時代。大名や旗本、裕福な町人たちが育む、華やかな元禄文化によって生み出さ
れた江戸椿。蝦夷錦はその中の一つ。洗練されたその姿。華やかな印象を持つその色彩は、そんな
時代の空気を感じさせてくれます。

美しい縦絞

赤や白やピンクなど、鮮やかな色彩を纏った椿の花が多い中、白地の花にまるでアートのように
赤い筆を入れたような、絞(しぼり)の柄もまた椿ならでは。縦絞八重咲き中輪というのが
蝦夷錦の特徴。本当に美しい、絵のような花です。
------------------------------------------
f/5 1/160秒 ISO100 露出補正-0.3
Canon EOS 6D レンズ: TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO1:1 90㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  2. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…
  3. Nikon Z7

    2018-10-6

    Nikon Z 7 1st レビュー Vol.5 -デザイン-

    Z 7のデザイン 削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nik…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る