利休1

侘助(わびすけ)

茶聖 千利休。茶の湯にその生涯を捧げた天下の茶人の名を冠した椿がこの花。確かに、見れば
見るほど、この染み入るような佇まいが、利休を彷彿させるのです。花の手前側に見える、虫食い
の葉のせいでしょうか。無垢で真っ新(さら)な花の白さのせいでしょうか。

真の白

複雑に絡み合う深い緑の色調を湛えた葉の間から、唐突に咲く一輪の椿。その白さは圧倒的で、
”真実の白”とも言うべき純白。花を引き立たせる枯れた背景との対比が、その美しさを一層
際立たせています。しかも、その咲き姿には、姿勢を正した威厳のようなものを感じました。

------------------------------------------
f/3.5 1/400秒 ISO100 露出補正-1.0
Canon EOS 6D レンズ: TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO1:1 90㎜
------------------------------------------
>>> 花鳥風月、奈良の色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 鹿の赤ちゃん

    2017-6-15

    鹿苑(ろくえん)の赤ちゃん小鹿 Vol.3

    ベビーラッシュ 奈良公園。6月初旬は、鹿達のベビーラッシュの時期。園内に設置されている鹿の保護施設…
  2. α6000_3

    2017-6-12

    SONY α6000 レビュー -デザイン-

    水平と垂直 α6000のデザインを語る上で欠かせないキーワード、それは水平と垂直。あまりに普遍的で…
  3. 御衣黄

    2017-6-10

    緑色の桜 御衣黄(ぎょいこう)

    緑色の桜 「緑色の桜というものがある。」と、テレビのクイズ番組で出題されたなぞかけ問題のような話を…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る