通天閣

浪花の魂。

さて、”大阪”と言えば…… たこ焼き?おかん?阪神タイガース?
どれも、大阪を代表する必須アイテムですが、忘れてならない大阪の顔と言えば…そう、通天閣!
レトロでキッチュなシンボルタワー、通天閣を中心に、そのお膝元を盛り上げているド派手な看板。
これぞまさに浪花の魂。

赤、青、黄色!

通天閣から真っ直ぐ南に延びる目貫通りの両脇には、自己主張が甚だしい原色系の看板がひしめき
あっています。赤、青、黄色に緑に紫!目立ってなんぼのこのエリアですから、スマートなアート
ワークの看板など生きていけません。「スタイリッシュ?なんや、それうまいんか?」と、一瞬で
蹴散らされそうな、コテコテワールドの原点がここにあります。

本音の世界、新世界

浪花は商人(あきんど)の町。どこよりも目立って客に伝える!という、一切の迷いのない目的で
デザインされた店が集まる、ここ新世界の風景は、一種独特の美意識で統一されています。
人間の本画がビジュアル化されたこの景色。どこか心の落ち着きさえ感じるのです。

ビバ、浪花!
---------------------------------------------
>>> iPhone 6 / iPhone 6 Plusのレビューはこちら!
--------------------------------------------
Camera+_PS_
撮影:Camera+/iPhone 6 Plus f/2.2 1/1883秒 ISO32 29mm
フィルター:PhotoShop Express/Vibrance
---------------------------------------------
>>> ☆スマ・フォト☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る