豫園

豫園

上海 豫園を訪れたのは十数年振り。その長い年月を経て大きく変わっていたのは、何と言っても
人の数。こんなに観光客で溢れかえっていたとは思いもよりませんでした。その多くがアジアから
の観光客でしたが、かつてのノスタルジックな風情は微塵もなく、まるでテーマパークのよう。

古典庭園

豫園はもともと行政長官が造園した私的な庭園。中に入るとかなりの広さがありますが、多くの
観光客は園内には立ち寄らず、豫園の周囲に出来上がった”豫園商城”と呼ばれる商業エリアに
集まってきます。こちらの写真も、豫園商城のメインストリートで撮ったもの。

花文字

豫園商城内に立ち並ぶお店はバラエティに富んでいます。おなじみの小籠包(しょうろんぽう)
を始めとする軽食・レストランから、おきまりの土産物屋。漢方店やファーストフードまで、
あらゆるニーズに応えています。中でも花文字はグッド!鳳凰書法と呼ばれる筆文字の手法で
様々な色墨を駆使して、名前を鮮やかな飾り文字で演出してくれるのです。掛け軸にしたら
華やかで楽しいなぁ、と思いながら、そのテクニックに見入ってしまいました。
---------------------------------------------
f8 1/160秒 ISO200 露出補正-0.3
SONY NEX-5 レンズ:E18-55mm F3.5-5.6 OSS 20㎜
--------------------------------------------
>>> Wonder Trip !

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る