ラマのラーマ

南アメリカ産まれ

上野動物園では、バク、ラマ、カピバラがひとつところに同居しています。皆生息地が南アメリカ
だからだそうですが、その柵の中を見るとバクの姿だけが見当たりません。遠くではカピバラたち
が奥の方でじっとしているだけでしたが、茶色いラマだけがこちらに向かってきてくれました。

名前はラーマ

彼の名前はラーマ。大きくつぶらな瞳でまっすぐ前を見つめるその愛らしさといったらありません!
よく見ればまつ毛も長く、なかなかのイケメン君。深く澄んだきれいなビー玉のようなその瞳で、
一体何をみつめているのでしょうか。こちらもその視線の行方をしばらく見つめていましたが…!?

ラマのラーマ_2

こ、これはひどいブサ顔…。
素敵な瞳のラーマ。突然上を向いたかと思うと、それはそれは大きなあくび(のようなしぐさ)を
し始めました。あのつぶらな瞳とおすまし顔は一体どこへやら…。しかし歯茎を剥き出しにすると、
こんなに前にでっぱっているんだ…と、じっくり観察してしまいました。

園内を散歩

このように愛嬌たっぷりのラーマ君、普段は爪の伸ばしすぎを防ぐために、時折飼育員の人が園内
を散歩させるのだそうです。いつか園内のどこかでラーマ君に間近で会ってみたいものです。ラマ
得意の、臭い唾攻撃だけは御免被りたいところですが。
---------------------------------------------
< タイトル写真 > f3.5 1/800秒 ISO100 露出補正+0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 200mm
---------------------------------------------
>>> 東京スナップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 青い矢羽根

    2018-10-21

    自転車ナビライン

    青い矢羽根 東京駅から有楽町に向かって歩いていた時、道路に見慣れない青い矢羽根(ブルーウイング)が…
  2. 散華

    2018-10-9

    興福寺中金堂落慶法要 散華(さんげ)

    舞、花、茶。 鴟尾の序幕を終え、落慶法要の次第に従い、式は進んでいきます。まずは舞。中金堂の前に設…
  3. 落慶法要

    2018-10-7

    興福寺中金堂落慶法要

    三百一年の時。 西暦710年の創建以来、七度もの火災で焼失と再建を繰り返し、1717年の火災以降そ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る