ウィーディーシードラゴン

馬か竜か?

こちらの写真は、サンシャイン水族館で撮影したウィーディーシードラゴン。オーストラリアに
生息するヨウジウオです。同じトゲウオ目のタツノオトシゴの近縁ですが、タツノオトシゴが
シーホースと呼ばれるのに対し、こちらは英名でシードラゴンと呼ばれています。

違いを比較

これまでタツノオトシゴもシードラゴンもじっくりと観察したことがないので、この時は実に
興味深く眺めていました。まずは口の長さが違います。トランペットのように口が長く突き出し
ているのがシードラゴン。また、尾っぽが渦巻き状に巻いているのがタツノオトシゴです。

雄が出産?!

実はタツノオトシゴ、東急リバブルのCMでも言っているように、なんと雄が出産する生物なの
です。以前、腹から数え切れないほどの子供を放出する驚き映像を見てびっくり。実際に卵を
生むのは雌なのですが、その卵を雄の腹部にある育児のうで育てて体外に放出するということ
ですが、そのシーンは正に出産。紛れもないイクメンなのです。もちろんシードラゴンもその
仲間。実に不思議な生き物なのです。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f2.8 1/60秒 ISO1000 露出補正-0.7
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 57㎜
---------------------------------------------
>>> 東京スナップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. FUJIFILM X-H1

    2018-2-17

    FUJIFILM X-H1

    Xシリーズ 富士フィルムのプレミアムライン、Xシリーズから新たな製品が登場。ついにシリーズで初とな…
  2. Bowers & Wilkins PX_6

    2018-2-15

    Bowers & Wilkins PX 1st レビュー -使用性-

    装着感 ヘッドホンとしての最も重要な機能はもちろん音ですが、装着感も同じくらい重要なファクター。こ…
  3. 雪と鹿

    2018-2-12

    雪の飛火野と鹿

    雪降る朝 今朝起きてみると、外は一面雪。しかし空を見るとすでに雲が消え行き、晴れ渡る白銀の世界が見…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る