野鳥を撮る ①

梅とメジロ_2

鳥の季節

長い冬が明け、暖かな風が吹き始める季節になると、外では鳥たちの美しい鳴き声が聞こえて
きます。ヒヨドリ、セキレイ、ルリビタキ。ベランダにひょっこりと現れる小鳥の姿を見て、
あの可愛らしい姿を写真に撮ってみたいと思うのは当然ですね。

野鳥撮影の機材

室内で飼っているペットの小鳥ならまだしも、外で自由に飛び回っている野鳥を撮影する為には、
相応の機材が必要になってきます。35mm換算で600mmを超えるような最新のズーム一体型の
コンデジならそれだけでOK。ここでは、更に美しく撮るための撮影機材を紹介しましょう。

① 一眼レフ…フルサイズよりはAPS-Cの方が有利です。(望遠の比率が1.6倍高くなる為)
② 望遠レンズ(単焦点、ズームどちらでも)…APS-Cなら250mm以上の倍率が必要です。
③ 三脚…対荷重性能は最低でも3kg以上は必要。鳥を追いながら撮影する場合は無くてもOK。

鳥の種類

それではビギナーが撮影するのに適した野鳥とは?その姿が美しいからと、いきなりカワセミ!
というのはかなりハードルが高いものです。 オススメの野鳥は、ずばり”メジロ”。
春、梅や桜が咲き出す季節になると蜜を吸いにやってきます。この時のメジロは普段より警戒心が
緩み、より近付いて撮影する事が可能。華やかな春の花を背景にすれば、より素敵な写真に!

次回は、撮影の際のCamtips(カメラの小ワザ)をご紹介します。
--------------------------------------------
f/5.6 1/2000秒 ISO400 露出補正+0.3
CANON EOS 40D レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM 300mm
--------------------------------------------
>>> 野鳥を撮る ②
<<< ボケの演出
--------------------------------------------
>>> Camtips 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. GR III_3

    2019-4-21

    RICOH GR III レビュー Vol.5

    接写 RICOH GR IIIでは、これまでよりもさらに接写に強くなりました。GR IIの最短距離…
  2. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  3. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る