野鳥を撮る ②

梅とメジロ

素早い鳥の動き

一眼レフに望遠レンズをセットして、いざ野鳥の撮影に!その時最も重要なポイントは、光の向き
です。忙しなく小枝の間を飛び回る小鳥の姿を、なんとかファインダーに収めようと夢中になって
いると、背景の明るさに負けて、気がつくと被写体が真っ黒な影になっている場合があります。

順光位置

これは、狙う被写体が小さいために、周囲の明るさ全体をカメラが判断し、撮影意図とは離れた
アンダーの露出になってしまうためです。美しい羽の色と愛らしい仕草を写真に収めたいならば、
できる限り太陽を背にして鳥を追い、順光の位置をしっかりとキープしながら撮影しましょう!

露出

野鳥撮影の際は、望遠ズームなら最大望遠域で撮るので、気をつけたいのは手振れです。レンズに
手ぶれ補正機構が付いていても、シャッタースピード1/250以上は必要です。また、被写体の
背景には、意外に雑多なものが写りこむので、絞りは開放側に寄せて背景はボカしましょう。

 背景

順光位置を意識し、シャッタースピードを上げて、絞りを開けたら、最後に背景を意識してみま
しょう。美しい鳥の姿を引き立てるためには、どういう背景の色が最適か?そこまでプランが
しっかりと立てられたら、きっと素敵な野鳥の写真が撮れるはず!しかし気まぐれな鳥達は一瞬
たりとも待ってはくれません。スピード勝負の一発ゲーム。これがドキドキ楽しいのです。
--------------------------------------------
f/7.1 1/500秒 ISO1000 露出補正+-0
CANON EOS 40D レンズ: EF70-300mm F4-5.6 IS USM 300mm
--------------------------------------------
<<< 野鳥を撮る ①
--------------------------------------------
>>> Camtips 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  2. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…
  3. 二月堂の絵馬

    2019-4-13

    RICOH GR III レビュー Vol.2

    身軽さ RICOH GR IIIを手に、お気に入りの場所へふらりと出かけました。行き先は東大寺。い…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る