中華街

中華街の牌楼(ぱいろう)

横浜中華街の通りを歩いていると、必ず目に入ってくるのが牌楼(ぱいろう)。この中国伝統様式の
装飾門は、街の東西南北に配置された牌楼を含めて全十基。その色、その形、その装飾は様々で、
比較しながら見て歩くのも楽しいものです。

善隣門(ぜんりんもん)

中でも特にこの善隣門は、横浜中華街を代表するシンボル的な存在。屋根の作りも非常に凝っている
上、見た目も豪華絢爛。通称“赤門”と呼ばれる善隣門は、横浜中華街が誕生した1955年に、最初に
掲げられた門。それまで”南京町”と呼ばれていたのですが、この門に掲げられた”中華街”という文字
によって、この地を中華街と呼ぶようになったとか。

チャイニーズパワー

つまり、この善隣門の存在は、この地が中華街である、という象徴でもあります。シャッターを
押している時も周囲の人の流れが非常に多く、善隣門から続く中華街大通りは沢山の人でごった返し
ています。赤と黄色と金で溢れた色の洪水と、活気溢れる通りの空気は、チャイニーズパワーその
もの。中華の食と勢いが渦巻く大きな通りです。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
---------------------------------------------
f5.6 1/40秒 ISO3200 露出補正+0.3
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 27㎜
---------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. GR III_3

    2019-4-21

    RICOH GR III レビュー Vol.5

    接写 RICOH GR IIIでは、これまでよりもさらに接写に強くなりました。GR IIの最短距離…
  2. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  3. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る