Nikon Z7

Z 7のデザイン

削ぎ落とした直線で構成されるα7。精緻と進化を融合させたEOS R。では、Nikon Z 7/Z 6シリーズのデザインは、何を目指したのか?一眼レフのD5やD850に見られるような、オーガニックなデザインとは一線を画しているのは一目瞭然。

寡黙な道具。

Z 7を手に取ると、コンパクトなボディにもかかわらず、機能が詰まった高性能な凝縮感が感じられます。好印象なグリップのホールド感を始め、各種のキー/ダイヤルが適材適所に配置され、あらゆる機能を手の中で操る楽しさを感じさせてくれる、ニコンらしい”道具としてのカメラ”をしっかりと形で伝えています。

伝統と革新

D850のようなアクティブで動的なデザインではなく、あくまでも静的で寡黙な道具に徹したデザイン。ニコンの新たな歴史を紡ぐ役目を担うカメラとして、一つの原点回帰を思わせる”デザインのリセット”がなされています。しかし、シャッターボタンの周囲に配置した各ボタンのレイアウトは、D5やD850と同じ。引き継ぐべきものと変えるもの。伝統と革新が融合した高バランスのデザイン。それがZシリーズです。
<<< 前回 Nikon Z 7 1st レビュー Vol.4 -EVF-
<<< Canon EOS R 1st レビュー Vol.1
-----------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. DENON AH-D9200_1

    2019-12-9

    DENON AH-D9200 レビュー Vol.1

    新生ハイエンドヘッドホン 昨年9月に登場したDENONの新たなハイエンド・ヘッドホン、AH-D92…
  2. 飛火野の鹿

    2019-11-24

    奈良公園 飛火野の紅葉と鹿

    飛火野の朝 奈良公園 飛火野は、見渡す限り一面が芝。鹿たちにとって食べ物に事欠きません。朝起き出す…
  3. walkman_1

    2019-11-18

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.7

    質問の時間 トークショーの最終パートは、参加者からの質問の時間でした。会場となったスニーストア大阪…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る