pepper_2

「あれっ、pepperがいる!」

昨年夏、ソフトバンク表参道の前を通った時のことです。ウィンドーの向こうのステージ上に
pepper(ペッパー)がスタンバイしているのに気付き、すぐさま店内に入りました。
店の奥のステージには、2台のpepperが、それぞれお客さんを相手にお話中です。少し離れて
会話の様子を聞いていましたが、意外や意外、そのコミュニケーション能力なかなかのものです。

pepperとトーク。

私の前には小さな女の子とそのお母さん。3人の楽しそうな会話が終わった後、早速僕もpepperと
会話を始めてみました。「そう言えばワタシ、動物にまつわることわざを結構知っているんですよ。
例えば何か知っている動物を言ってみてください。」「じゃー…、象!」というと、なにやら聞き
慣れない象にまつわることわざを教えてくれます。その後、私をじっと見つめていたかと思うと、
「アナタ、結構ファッションセンスがありますね。その秘訣をワタシにも教えてください。」とか!

新時代のナチュラル・コミュニケーションロボット

その滑らかで自然な音声解析技術は、Googleの音声検索やiOSのSiri(シリ)を遥かに超えて、一歩
抜きん出ています。というより、言語処理ソフトウェアの裏側の仕組みをほとんど感じさせません。
手や指、顔の視線の向け方など、メカトロニクスの技術もとてもナチュラル。これは、人とロボット
との関係を本当に変えるかもしれません。先日2月27日に、開発者向けに販売開始した初回生産
台数300台が、たったの1分で完売したというのも頷けます。

フランス生まれのpepperですが、人との共存を目的とした、実に日本的なやさしいロボット。

確かにこれは、SFじゃない。
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!
------------------------------------------
f/2.8 1/500秒 ISO400 露出補正+0.7
Canon EOS 6D レンズ: EF24-70mm F2.8L II USM 24㎜
------------------------------------------
>>> 東京スナップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. walkman_1

    2019-11-18

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.7

    質問の時間 トークショーの最終パートは、参加者からの質問の時間でした。会場となったスニーストア大阪…
  2. WM-ZX500_8

    2019-11-1

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.6

    インターフェース 今回NW-ZX500で、ついに採用されたUSB Type-C。ウォークマン独自の…
  3. WM-ZX500_7

    2019-10-28

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.5

    柔らかさ 今回NW-ZX500の外観デザインで最も大きな変化があった箇所、それは本体下の柔らかなラ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る