luis

ドライバーズポイント

2016F1シーズンは、ニコ・ロズベルグによる怒涛の開幕4連勝から始まりました。今年のニコは
これまでと全く違う!と思わせたのもつかの間、モナコGP以降はルイスの反撃で、ドライバーズ
ポイントを猛追。以来抜きつ抜かれつを演じているのが今年のF1レース。

2トップ

盤石のトップチームには、歴史的に見ても二人のトップドライバーがチャンピオンを争います。
互いにしのぎを削り、ギリギリの攻防でせめぎあいながらレースを展開していくのが常。かつての
セナプロのように、今年のメルセデスはニコとルイスのバトルが徐々に激しさを増しています。

3位

ここ鈴鹿ではニコがトップを制し、ルイスは3位に甘んじました。去年のチャンピオン、ルイスは
ここへ来て今までになく弱気な発言が増えています。やや不運が重なるシーズンですが、鈴鹿の
ヘアピンカーブを責めながら、凄まじいスピードで駆け抜けていく彼のドライビングを間近で見て
いたら、いや、まだこの後残されたレースではきっと何かやってくれそうだ、と実感したのです。

---------------------------------------------
f10 1/100秒 ISO100 露出補正+-0
Canon EOS 6D レンズ: EF70-200mm F2.8L USM 195mm
--------------------------------------------
>>> まち、あち、こち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. GR III_3

    2019-4-21

    RICOH GR III レビュー Vol.5

    接写 RICOH GR IIIでは、これまでよりもさらに接写に強くなりました。GR IIの最短距離…
  2. 二月堂の釜_

    2019-4-18

    RICOH GR III レビュー Vol.4

    GR ENGINE 6 進化したレンズに、進化したエンジン。RICOH GR IIIでは、これまで…
  3. GR III_2

    2019-4-15

    RICOH GR III レビュー Vol.3

    イメージセンサー RICOH GR IIIの心臓部であるイメージセンサーは、なんと一眼レフの普及機…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る